幸せ科学研究所~非正規ブログ~

すべての幸せになりたかった人たちへ

飲み会に参加するメリット

日本では昔から行われている飲みニケーション。最近の若者はプライベートを優先して上司や同僚との飲み会を欠席しているそうですが、これでは会社での居場所が無くなるだけです。 今日は飲みニケーションがいかに素晴らしいか書きたいと思います。 飲み会に…

無職の連休の過ごし方

糸井君ありがとう、フクドメ君ありがとう、北條君ありがとう。みんな打ってくれてありがとう。ああオトコに生まれてよかったー。 どうも、阪神ファンです。 さて、世間ではゴールデンウィークでお祭り騒ぎ。この期間に休める日が多いほどホワイト企業ポイン…

歓送迎会に行かなかった話

4月のイベントと言えば「歓送迎会」ですね。 新入社員が歓迎される会。そして退職した人が送別される会。 で、この歓送迎会なんですが、定年退職じゃなくて無職になっただけの奴は参加するべきなんでしょうか??? 「就職活動はどうだ?」とか「早く決めろ…

35歳で転職できる人・できない人

こんにちは、高木です。 もうすぐ35歳になることもあり「35歳転職限界説」の言い伝えを思い出しました。 今回はそれについて書きます。 「35歳転職限界」の時代は変わった 巻き起こる「長期勤続キャリア形成」旋風 「◯歳まで」が「実務経験◯年」に 買い叩か…

無内定で大学を卒業して転落した話

僕が学生のころ「ゴールデンウィークまでに内定を取らなければ人生終了」と言われていました。優良企業は4月までに内定者を決めてしまい、ゴールデンウィークを過ぎても募集をかけてるのはブラック企業だけという都市伝説です。 それが真実なのか分かりませ…

仕事が続かない人の5つの特徴

こんにちは。 非正規な仕事ぶり、終わっている私生活、高木です。 自分の職歴を思い返してみると、無内定で大学を卒業してIT業界3年、無職1年、バイト2年、契約社員4年、そして無職。前職が4年で最長ですが、最後の1年は辞めたい逃げたいで悲惨でし…

日本人は先進国イチの怠け者

「日本人は先進国イチの怠け者か」という興味深い記事が出ていたので、無職の自分が思ったことを書いてみたいと思う。その記事はこちら。 上の記事では「モーレツがそんなに悪いのか!」とキレ気味で始まっている。モーレツとは仕事に人生を捧げる人間を指す…

無職は誰にも支配されない

無職は学生でも労働者でもない。生きるも死ぬも自由であり、社会に属していない存在である。 日本では一般的に学生は社会人扱いされないが、学生も社会に参加しているという意見はある。だが、無職はどうだろう。先生からも上司からも指図を受けない。社会の…

消臭剤を置きました

部屋が臭い--- 散らかっていた部屋を掃除しました。 1日ずっと部屋にいるはずなのに、部屋にいるからなのか、すぐに部屋がぐしゃぐしゃになっています。そして臭いです。 モノは押し入れに突っ込めばいいのですが、やはり気になるホコリと臭い。フローリ…

新卒が3年以内に辞める理由

こんにちは。そろそろ入社した新卒がゴールデンウィークを待たずにポツポツと退職する頃です。初めての会社員生活で緊張の糸が切れて退職した新卒が凧のように飛んで行きます。 ところで、毎年のように「なぜ新卒の3割は3年以内に辞めてしまうのか」と言われ…

ブログのコメントを承認制にして思ったこと

ブログを始めてすぐに直面した課題が「コメント欄」でした。ブログのコメントは大きく分けると3つのパターンがあります。 ・コメントを許可する(誰でも書ける)・コメントを承認するまで載せない(管理人が見てから判断)・コメントを許可しない(誰も何も…

無職に苦しい国民年金

仕事をやめると国民健康保険と国民年金保険の資格が喪失します。健康保険は病院で有り難みが分かりますが、国民年金のほうはどうでしょう。 国民年金とは 国民年金は、日本に住む20歳以上60歳未満の人が加入すると決められています。 自営業者、フリーター、…

国民健康保険に加入した無職

無職になって社会保険資格が喪失したので、健康保険料と年金を会社に払ってもらえなくなりました。将来貰えるか分からない国の年金は信用していないのですが、健康保険となると話は変わります。市役所に行きました。 30歳を過ぎた頃から肉体の衰えをはっきり…

ブログを毎日続けるために

ブログを始めて今日で30日になります。これまでブログは何度も挫折していて、今でも放置状態になっているブログもあります。 今回は、そんな僕がブログを毎日続けられた理由を書きたいと思います。 何か続けられる事をしたかった 僕は今年の3月、一身上の都…

ほぼほぼを使いこなす

三省堂が選ぶ新語大賞2016でグランプリになった『ほぼほぼ』。 ほぼほぼ使いも増えてます、僕は今のところ使ってません。口に出した時の感覚が気持ち悪いからです。 今でも使わない言葉に「真逆(まぎゃく)」があります。「逆」と何が違うのか、などと言い…

大学も面接も顔が全て

転職サイトのワークポートに「面接官に聞く。何秒で採用を決める?」という特集がありました。結果は以下の通りでした。 5秒以内 12%10秒以内 22%30秒以内 24%60秒以内 13% こういう結果を見てしまうと、履歴書は手書きが良いとか、写真は写真屋が良いとか、…

三万通以上の転職メール

転職用のメールフォルダを数年ぶりに開いた。 中を見るとリクナビ、マイナビ、エンジャパン、DODA、イーキャリア、アットタイプなど、、、未読メールは三万通以上。 数年前の自分がご丁寧にメール振り分けをしていたので三万メールを一気に削除しなくて済ん…

大学デビューに失敗して不登校になった話

大学デビューとは? 大学デビューとは、小学校、中学校、高校を陰キャラとして過ごしてきた人たちが大学への入学を機に陽キャラに転身することです。 幸太、大学デビューを決意 友達も恋人もいない18年間を過ごし、一発逆転したいと思った春。大学合格のお祝…

幸太が選んだ「ドラえもん」の名言5選

数々の名言を残している国民的マンガ「ドラえもん」。 その中で、共感し、考えさせられ、勇気付けられる名言を独自で選んだベスト5を発表します。 第5位「いちばんいけないのは、じぶんなんかだめだと思いこむことだよ。」 「どうせぼくなんか…」とモジモジ…

社会は履歴書の空白期間を許してくれない

終身雇用制度が崩壊しているにも関わらず、未だに蔓延る新卒至上主義。 学校を卒業したら、すぐに社会に飛び込むのが一般的となっていて、無内定で大学を卒業した人間なんかは「一体何を考えているの?」と偏見の目を向けられる日本社会。 この終身雇用・新…

健全な精神は健全な肉体に宿る

働きながら体を鍛えている人に感心してしまいます。 筋トレをすると体に疲れが残り、朝起きられなかったり、仕事中に眠くなってしまったりします。だから、仕事に差し支えないように、大人は筋トレをやめてしまうのです。労働がしんどすぎる弊害です。 さて…

無職になると根性が無くなるよ

今朝、ゴミ出しのために早起きしたのですが、起きるのが想像以上に大変で、一週間でここまで堕落したのかと痛感しました。体が重く、どうでただのゴミ捨てじゃねえかと、なかなか動けませんでした。 無職は、根性が必要になる場面がほとんどありません。時間…

メメント・モリ ~死を思う~

メメント・モリ(羅: memento mori)は、ラテン語で「自分が(いつか)必ず死ぬことを忘れるな」という意味の警句。「死を記憶せよ」などと訳され、芸術作品のモチーフとして広く使われる。(Wikipedia) 20代の頃は自分が老いて死んでしまうイメージがまる…

社会人という言葉の意味

4月から新入社員になる人間がキラキラしている。 その理由の一つに『社会人』になったことが挙げられます。 僕はこの言葉が嫌いなので、普段から「会社員」「労働者」という言い方をしてます。 ツイッターでも「新社会人」と書かず、わざわざ「新入社員」と…

無職になりました

新生活が始まる4月、私は無職になりました。アルバイトも何もしないパーフェクト無職になるのは7年ぶりです。仕事に疲れ切った。もう何もやりたくない。契約延長を断って無職の道を選びました。 多くの人から「4月からどうするんですか」「次は決まってるん…

非正規労働のメリット・デメリット

本日で非正規労働が終わりです。有給休暇を使っているので会社には行ってません。非正規雇用の契約が終わる時はあっけないものです。退職の手続きをしてお終いです。 来年からは「去年いた契約社員の名前なんだっけ」と言われるようになります。そんな非正規…

【またか】つまらない話題ベスト3 「同僚の悪口」「武勇伝」そして1位は…【もういい】

飲み会や世間話をしていて「その話はもういいから」とウンザリするような話題のベスト3です。 第3位「同僚の悪口」 陰湿な人間がすぐ話題に持ってくるのが同僚の悪口でしょう。 「あいつは無能だ」「あの人は○○だから」 新人の悪口、上司の悪口、一体何が楽…

就職内定率の真実

先日、このようなニュースが報道されました。 大学生の就職内定率は90.6%と前年同期比2.8ポイント上昇し、調査開始以降同時期で過去最高 就職希望者1,000人のうち906人が企業から内定を取っていると解釈できますが、そんな景気が良いようには思えません。 …

4月から無職になります

20代の頃はまだ若く、無内定で大学を卒業して正社員になれずとも、心のどこかに「人生は逆転できるし正社員にもなれる。」という気持ちがありました。ですが、新卒至上主義の社会は厳しく、契約社員になるだけでも苦労しました。 気づいたら30歳を過ぎていて…

X JAPANについて語る

X JAPANを知ったのは、今からおよそ20年前、中学2年生のとき。当時はインターネットで歌詞を検索するような時代ではありませんでした。 アーティストの歌詞を知るため、ビデオに録画した歌番組のテロップやレンタルで借りたCDの歌詞カードをノートに書き写し…