無職生活が4か月を突破しました

スポンサーリンク

無職になって4か月が過ぎました。無職になった当初は濃密な無職生活を送っていましたが、いまでは光陰の矢が突き刺さるほど時間がたつのが速いです。ブログしか書いてなかった4月、5月にくらべ、目標が立った6月からは余裕がなくなりました。ブログの更新もストップする日が増え、猶予期間と考えていた1年の3分の1が過ぎており、部屋に閉じこもっているあいだに夏が本番を迎えていました。夏はわりと好きな季節ですが、無職で過ごす夏はロマンがなくさびしいものです。

現在、働きもしないで何をやっているのかというと、「次の仕事に就くために自己研鑽をしている」というふうにしか言えません。ぼくは根がどこまでも臆病者にできているので、健常者にありがちな「目標を周りに宣言して己を奮い立たせる」ことができません。宣言して失敗するのが怖いのでしょう。そうやって生きていたら誰からも信用されなくなり、友達も恋人もいない人生を送るはめになっていました。健常者から「高木さんは曖昧な言い方が多すぎるんです。言いたいことはハッキリと言ってください」と怒られたのを思い出して腹が立ってきました。

健常者のように自分の理想や信念を言うことができればどんなにいい人生だったろう。非健常な人間なので仕事や人間関係を毎回リセットして生きている。ただひとつ、年齢だけがリセットできない。どうしてこんな生き方しかできなかったのだろうか。健常者になりたい人生だった。