読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非正規ブログ

30代で無職になった契約社員の雑記

4月から無職になります

スポンサーリンク

 無職にならんとする今の気持ちです。

 20代の頃はまだ若く、無内定で大学を卒業して正社員になれずとも、心のどこかに「人生は逆転できるし正社員にもなれる。」という気持ちがありました。

 しかし新卒至上主義の社会は厳しく、契約社員になるだけでも苦労しました。気づいたら30歳を過ぎていて、同年代の正規雇用が出世する、家族を持つ、家を買うなどの大健常レールの上を走っているのをただ眺めているだけの人生になっていました。

 健常者のそういう姿を見ているうちに人生に逆転はない現実を知ったのです。同時に、家族を持った健常者たちが、自分の家庭を最優先に動いているところも見ました。

 子供が熱を出す、親の調子が悪い・・・簡単に会社を休んでいます。つまり、人間は30歳を過ぎると自分の家族以外には興味がなくなるのです。

 結婚すると付き合いが悪くなるのは紛れもない真実でした。他人が仕事を辞めようが自殺しようが「そう…(無関心)」で終わり。誰もあなたの人生には興味がない。だから他人を気にする必要がない。好きな事をやって、越えられない壁があれば自殺すればいい。

 その時が来るまでは、生きて、生きて、生きるのだ…。