TAKAGIの非正規ブログ

健常社会に疲れて休養中

健全な精神は健全な肉体に宿る・・・無職は体を鍛えよう

スポンサーリンク

働きながら体を鍛えている人に感心します。

筋トレをすると体に疲れが残り、朝起きられなかったり、仕事中に眠くなってしまったりします。

だから、仕事に差し支えないように、大人は筋トレをやめてしまうのです。

労働がしんどすぎる弊害です。

さて、タイトルの『健全な精神は健全な肉体に宿る』という言葉、これは古代ローマ時代に、ある詩人が残した言葉です。

「体を鍛えれば心も健康になる」の意味で広まっている言葉ですが、詩人ユウェナリスが本来言いたかったのは、「欲を張らずに、健康だけを願え」だそうです。

ただ、「体を鍛えれば心も健康になる」も十分格言らしさがありますので、私もあえてそっちの意味で使ったりしています。

以前ツイッターで、体を鍛えて顔まで変わった人の画像を見ました。

体が引き締まると顔つきまで変わってしまうのです。

外見が変わると、当然内面も変わります。

就職活動や転職活動で体育会系が採用されやすいのも、スポーツで鍛えたシャープな顔つきが認められているのだと思います。

4年間スポーツをやってきた大学生と、4年間『2ちゃんねる』をやってきた大学生、おそらく100%判別できます。

家の中でパソコンばかりして引きこもっていると、ますます外に出られなくなりそうなので、筋トレをして健常な外見と精神を宿したいと思います。