大学デビュー、失敗!

スポンサーリンク

小学、中学、高校と、私の人生、暗かった・・・。

大学デビューを決意

 友達も恋人もいない18年間を過ごし、人生を逆転したいと思った春。大学合格のお祝いにテニスのラケットを買ってもらった。テニスサークルに入ろうと決意した。

 キャンパスでは大学生がサークル勧誘を行っている。構内にポスターを貼ったり、チラシを配ったり、キラキラ輝くエネルギーを撒き散らしている。オタク顔の俺は学生に無視されたが、めげずにチラシを奪い取る。家に帰ってチラシを床に並べ、大学デビューにふさわしいサークルを選んだ。

 サークル見学は大学から離れたテニスコート。買ったばかりのラケットを抱えて、胸を踊らせサークル見学に行った。絶対に大学デビューが成功すると信じていた。

コートに入ることも許されず、全員に無視される

 サークル体験にワクワクする新入生。サークルを仕切ってそうな奴らが話し出した。

「ウチのサークルはみんな仲良し。飲みにも行くよ!」
「緊張しないで楽しんでください!」
「今日来てくれた皆がサークルに入ってくれると嬉しいな!」

 俺はドキドキしていた。今日で暗かった人生と決別できる。勉強も恋愛も充実した大学生活が始まるんだ!

「じゃあ、上級生と下級生に分かれて練習しますんで・・・」

 上級生が新入生を連れていく。チャラ男は率先して可愛い子を持っていく。すでに先輩に媚を売っている女子大生の何と多いことか。次々と新入生がコートに入っていく中、俺は誰からも声を掛けてもらえなかった。

(アッ、アッ、アッ、アッ・・・)

 泣きそうになっていた。ラケットを持つ手が震えている。楽しそうにラリーをする連中を見ていて吐きそうになった。数十分経って、思い切って休憩している上級生に声を掛けた。

「あああああ、ぼぼぼぼぼぼくはどどどどどこにいいいいい行けばばば」
「何?きみは。」
「ササササササーックククルのけけけけk見んがく」
「そう、空いているところに行けば。」
「ああああああああああああああああああああああああああああああああああ」

 上級生は行ってしまった。もう取り付く島がない。友達も恋人もいない俺がこの状況からコートに飛び入りするのは不可能だ。踵を返し、ラケットを抱きしめて駅のほうへ足を進めた。電車の中で涙が止まらなかった。何度も涙を拭った。

一生のトラウマになる

 この事件をきっかけに二度とサークルに関わらなくなった。違うサークルに入る気も起こらなかった。講義で顔を合わせるだけの人間とは友達になれず、ほどなくして俺は大学に行けなくなった。大学デビューが失敗したどころか不登校デビューを飾ってしまい、その後留年した。

大学デビューを考えている新入生へ

 「大学デビュー」で検索してこのブログに来てくれた諸君は幸運だ。高校まで陰キャラだった者が大学デビューできる確率はとても低い。まずは自分の外見を見て欲しい。

髪の毛にフケが付いてないか?
毎日おフロに入ってるか?
歯を磨いているか?
マユ毛を放置してないか?
メガネに手垢は付いてないか?
早くコンタクトにしろ。
トレーナーで登校してないか?
服は洗濯しているか?
変なネックレスを付けてないか?
シャツが伸びてないか?
靴は汚れてないか?

 最低でもこれだけの条件はクリアしなければならない。そして陰の感覚は自分で思っている以上に健常者とズレている。髪型、服装、話し方、感性、あらゆる面で健常者とは合わないだろう。

大学デビューは幻想である

 大学で活躍できるのは健常経験値を積んできた者だけ。高校まで根暗だった人間が、いきなり健常者になれるわけがなかった。俺はそれを知らなかった。レベル1の勇者が強力な武器だけ装備して魔王に勝てるだろうか。巷で騒がれている大学デビューは全て幻想。ありえない。生まれながらに人生の勝敗は決まっている。非健常に生きてきた人間は、死ぬまで健常者にはなれない・・・。