TAKAGIの非正規ブログ

健常社会に疲れて休養中

阪神タイガースvs広島東洋カープ

スポンサーリンク

「アカン、優勝してしまう。」

 阪神ファンがつぶやいた。昨日の横浜DeNAベイスターズ戦、守護神の山﨑康晃がマウンド上で泣くまで打ち込んだ阪神タイガース。真っ赤な広島カープが甲子園に乗り込んでくる。広島は目下10連勝だが、これを止められるのは阪神だけだ。今日からの甲子園3連戦の展開を予想する。

 

4/14(金)
予告先発
[阪] R.メッセンジャー(1勝0敗 防御率5.23)
[広] 加藤拓也(1勝0敗 防御率1.08)

試合結果予想 阪神の勝利

 阪神のメッセンジャーは中4日、中5日で投げたがるチームにとって有り難い投手なのだが、短い登板感覚で投げた試合は結果が出ない。雨で試合が流れたこともあり、今日は中7日での先発登板。十分休んだメッセンジャーは信用できる。相手の加藤拓也はプロ初登板で初勝利をあげているが、7四球を与えているので内容は怪しい。今日は阪神タイガースがプロの洗礼と押し出しの刑をくれてやる。

4/15(土)
予想先発
[阪] 岩貞祐太(0勝1敗 防御率8.10)
[広] 岡田明丈(1勝0敗 防御率5.11)

試合結果予想 阪神タイガースの圧倒的勝利

 おそらく4/1(土)と同じ先発カードになる。前回の対戦では岩貞が5回5失点、岡田明丈は4回6失点。両チーム先発投手がKOされている。岩貞の調子はまだ上がってこない。対する岡田、4/8(土)のヤクルト戦で8回1/3を1失点に抑えて見事な勝利を収めている。だが、この試合で147球も投げている。最終回は汗の噴き方が異常でなく限界が来て降板させられた。相当なダメージが残っているはずなので、2戦目は阪神タイガースに分があると見てよい。

4/16(日)
予想先発
[阪] 青柳晃洋(登板成績なし)
[広] 九里亜蓮(2勝0敗 防御率2.08)

試合結果予想 阪神タイガース、手も足も出ずに完全敗北

 4/2(日)、阪神タイガースは九里亜蓮に敗北している。この九里は右投手を絶対に殺すシュートボールを武器にしており、今シーズン右打者27人に対して2本しか安打を許していない。被安打率は驚異の.074。阪神の個人対戦成績を見ても、左打者は糸井1.000、福留1.000、鳥谷.667と九里を打っているが、右打者は原口.000、梅野.000、北條.000と完全に抑え込まれている。阪神の右打者が九里から打った安打は上本の1本だけ。前回対戦でも左打者が作ったチャンスを原口と北條が何度も潰している。金本監督はここまで原口と北條を使い続けているが、荒木や糸原などの左打者をスタメンに抜擢して九里攻略に賭けるのも面白い。

 

 2勝1敗で阪神タイガースが広島東洋カープを返り討ちにすると予想した。最後に両チームのキープレイヤーを挙げる。3連戦はこの二人に注目してほしい。

梅野隆太郎(阪神)

 開幕から全試合キャッチャーでスタメン出場。打撃もリードも調子が上昇中で、重要な場面で結果を出している。強肩でバントが上手く、足もかなり速い。ベイスターズ戦ではその俊足で送りバントを内野安打にした。8番打者でありながら打点はチーム2位。勝負強さが光る。

新井貴浩(広島)

 巨人戦では2試合連続で決勝ホームラン、先制打を叩き出した広島の4番打者。阪神から広島に復帰した直後は「新井さん頑張れ~!」と応援していた阪神ファンだったが、広島での活躍ぶりに「ドヤ顔でバット投げんなや、クソ!」と手の平を返した。巨人戦では内海と吉川をKO。菅野の時はスタメンを降りていた。阪神の藤浪を特に嫌がっており、徹底的に対戦を避けている。藤浪と同じ右の荒れ球投手・青柳に対してスタメンで出てくるかどうかに注目。2016年はメッセンジャーと岩貞は新井に打たれている。青柳とはプロで一度も対戦がない。