ほぼほぼを使いこなしたい

スポンサーリンク

 三省堂が選ぶ新語大賞2016でグランプリになった『ほぼほぼ』

 ほぼほぼ使いも増えているが、おれは今のところ使っていない。今でも使わない言葉に「真逆(まぎゃく)」がある。「逆」と何が違うのか、などと言い訳をつけて使ってない。こういった新語を流行らせたり使ったりする人間たちは誰だろう。

 

 そう、健常者である。

 言葉は常に進化する生き物だと思っている。新しい物を取り入れるには勇気がいる。眼鏡をコンタクトレンズに変えるとき。黒髪を茶髪に変えるとき。ストレートヘアにパーマを当てるとき。健常者はすぐ流行についていく。

 こだわりが強い非正規人間は環境の変化に弱く、新しい言葉に馴染めない。「あれ?こいついきなりほぼほぼ言い出して調子に乗ってねえ?」と思われたらどうしよう、とか・・・。

 だが、ほぼほぼを簡単に使えてこそ一流の健常者だと言えるのだろう。古い価値観を捨てたいなら新しいことに挑戦するべきだ。健常者になるためにもっと新しいことを取り入れなければならない。

 というわけで、ほぼほぼの練習を始めたいと思います。

「阪神広島戦の試合予想はほぼほぼ当たってるだろう」

「おれの人生はほぼほぼ終わっている」

「非正規雇用からの人生逆転はほぼほぼ不可能だ」

「ほぼさんとほはばはほぼほぼそろってる」

 最後は言葉遊びに走ってしまうあたり、ほぼほぼオタクじみているが、書いていくうちに抵抗がなくなってきた。でも言葉に出すのには勇気がいる。ただでさえちゃんと喋れない人間が、いきなりほぼほぼとか言い出したら周りはどう思うだろう。

 「えっ、ほぼほぼとか使ってるの?」「もしかしてほぼほぼとか言っちゃうタイプ?」「調子のんなキモいんだよ」と突っ込まれた時にどう返事すればいいだろう。こんなことを考えてる時点で、もはや健常者ではない気がする。

 新しいものはどんどん取り入れていきましょう。