飲み会に参加するメリット ※ただしコミュ強に限る

スポンサーリンク

日本では昔から行われている飲みニケーション。最近の若者はプライベートを優先して上司や同僚との飲み会を欠席しているそうですが、これでは会社での居場所が無くなるだけです。 

今日は飲みニケーションがいかに素晴らしいか書きたいと思います。

飲み会には人と人の壁を取り払う力がある

飲み会の席では会社で出来ないような話ができます。仕事に対する思いや本音、プライベートの話、趣味の話、何気ない話をすることで仲が深まります。

「この人ってこんな一面もあるんだ」「意外と親しみやすい人だ」と思い合い、信頼関係ができます。これは仕事に良い効果をもたらします。信頼してる人と仕事をするとモチベーションが上がります。

飲み会をすると風通しが良くなる

同僚と一緒に仕事をする上で一番の障害になるものが「遠慮」です。言いたいことも言えない会社の中じゃポイズン(毒)がじわじわと発生します。

遠慮して自分の意見を伝えらない、伝わらないまま仕事を続けるとお互いに不信感が募ります。仕事も上手くいかないし気分も悪くなる、まさに悪循環。

ですが、飲みニケーションを通して遠慮の要らない関係ができていると意見も言い合えるし、納得できる仕事ができるのです。

デキる人でも仲が悪いと衝突する

飲み会に参加しない、人の意見に耳を貸さないワンマンではいくら仕事ができても会社では厄介者扱いされてしまいます。仲の悪い人と衝突して、能力があるにも関わらず力が発揮できないケースもあるでしょう。

飲み会に行かないAさん、飲み会に行くBさんの違い

僕の実体験から、AさんとBさんの例を紹介して飲みニケーションの効果を説明します。

Aさんは飲み会が大嫌いで、同僚の誘いや会社の飲み会はほとんど欠席。Bさんは人柄がよく、飲み会があると大体参加しています。二人の仕事能力に大きな差はないとします。

その二人にはCという上司がいました。仕事をテキパキこなし、言いたい事をハッキリ言う典型的な体育会系上司です。

C上司は頻繁に飲み会を企画し、部下を誘っていました。Aさんは飲み会の誘いを断り続け、次第に声を掛けられる事もなくなりました。BさんはC上司とよく飲みに行っていました。

1年もするとAさん、Bさん、C上司の関係に変化が生まれます。C上司はAさんの仕事ぶりに激しいダメ出しをするようになり、Aさんが何をやっても不満顔。

「君が何を考えているのか分からない」「もっと真剣に仕事をしろ」「俺は君に不信感を持っている」「嫌なら辞めたらどうなんだ」と顔を合わせる度に説教が始まります。

AさんはC上司の攻撃に耐えきれなくなりノイローゼになりました。

一方、C上司の飲み会に参加していたBさんは、C上司と友好な関係を築いていました。
仕事のミスで叱責されても的確なアドバイスをもらい、改善に努めました。根が真面目なのでしょう。社内のムードメーカーとして人気者でした。

飲み会に行くと行かないとで、人間関係がこれほど変わるのです。AさんはC上司との溝を埋められずに最後まで悩みました。

家に帰ってもC上司の言葉を引きずり前向きになれません。顔を見るだけで憂鬱な気分になります。一日でも早く会社をやめたいと毎日考えていました。そしてAさんは退職届を提出して会社を去りました。

スポンサーリンク  

 

飲み会が嫌いならどうすればいいのか

会社の人間関係をここまで左右してしまう飲み会ですが、それを毛嫌いする若者は多いです。以下のような理由が考えられます。

  1. 上司の自慢話がウザい
  2. お金が無いのに飲み会ばかり行ってられない
  3. 一人の時間がほしい
  4. そもそも酒が好きじゃない

① これは上司が悪いです。緊張した雰囲気をほぐすために自分の話をするのは構いませんが、自慢話になると周りが聞きたくなくなるのは当たり前。自己顕示欲の強い小物だと思われて逆効果です。部下を褒め、寄り添う気持ちで話をしましょう。

② これも上司が悪いです。拒否権の無い部下を強引に連れて行って同じ額を払わされた部下が感じるのは圧倒的な不平等感です。貰っている給料が違うのだから部下の分も全部払う気持ちでないと部下はついてきません。

③ プライベートで会社の人間を顔を突き合わせたくないと感じているのなら、もうすでに会社の人間関係が上手くいってない可能性が高いです。飲み会関係なく退職する日は近いでしょう。

④ 「酒が嫌い」というのは飲み会に行きたくない言い訳でしかありません。居酒屋はソフトドリンクもあるし、酒を飲まずに食事に専念することもできます。行きたくないのは酒が理由ではなく飲み会が嫌いだからなのです。結末は③と同じです。

おわりに

会社の風通しを良くしたり、仕事の生産性を上げたり、飲みニケーションの効果は絶大です。

優秀な会社にいる人間は飲み会をパフォーマンス向上の手段にしています。会社のために、自分のために、ぜひ正しい飲みニケーションを行って下さい。

※ただしコミュニケーション強者に限る

おわり