読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非正規ブログ

30代で無職になった契約社員の雑記

ゴールデンウィークに就活する女学生

スポンサーリンク

ゴールデンウィーク初日、当てもなく旅に出る。
とりあえず新大阪駅で降りてみると新幹線の改札で長蛇の列。
旅行か、帰省か、見るだけで頭が痛くなる光景です。
混んでると理解っていても電車に乗らずにはいられない日本の伝統。
こんな時、自分はマジョリティ(健常)でなくて良かったと思えます。

健常家族を尻目に、一人の女学生が目に留まりました。
明らかにそれと分かるリクルートファッション。
就職活動のために大阪に泊まり新幹線で地元に帰る予定なのだろうか・・・。
いや、だとしても軽装だ。
彼女はこれから面接(説明会)に行くのです。

ゴールデンウィーク初日の面接(説明会)が何を意味するのか、彼女は理解っているのだろうか。
入社したらゴールデンウィーク休みが無いんだよ。
平日の仕事も休日の仕事も休日出勤もしてきました。
日曜日にスーツを着て出社。
電車で家族連れを見たりすると悲しくなりました。
こんな明るい雰囲気の中、俺は休日出勤・・・。
やはりカレンダー通りの仕事のほうが精神的には安定します。
(休日に働く人たちが社会を回しているお陰です)

以前「自分が学生の時はゴールデンウィークまでに内定を取らなければ人生終了だと言われた」みたいな事を書きましたが、今でもその風潮が残っているのでしょうか。
求人倍率は上がっているけど労働環境のほうは良くなっているのだろうか?と思います。

その後、昼にラーメンを食べてバッティングセンターへ。
スイングの際にバットのヘッドが下がってしまう欠点を修正するために、ヘッドが細い軽量バットに変更しました。
バットを軽くしたことによりバットコントロールが今までよりスムーズになりました。
しかし軽量バットはパワーが無いと使うのが難しい。
左打席で思いっきりドン詰まり、手が痺れました。
これまで「右投げ左打ち 実家は賃貸」でやってきましたが、右打席一本で行くことを決めました。
ミート打ち、強振、バントの感触を確かめた頃には体が汗臭くなってました。
プロテインを飲んでお風呂で体をごしごしと洗います。
阪神タイガースも勝利し、良い一日になりました。

おわり