非正規ブログ ~幸せになりたかった~

非正規の人間が綴る日常

就職活動するだけで疲労

スポンサーリンク

 今日は転職サイトを見ながら就職活動をしてました。

 履歴書のデータを保存したデスクトップPCが起動せず、履歴書を作り直すところから始まって頭が痛くなり、求人サイトを見ているとゲボを吐きそうになりました。

 【未経験者歓迎!】と書いてある求人サイトは

 「◯◯の経験優遇します♪」

 「実務経験◯年以上◎」

 「年収600万円からのスタート★」

 などいう求人ばかりで、どう考えても未経験を採用する気がない。

 「この会社は未経験でもOK。でも◯◯の実務経験は必要」と書いてあるような会社は、どうせ人不足で希望通りの部署に配属させないのだろう。

 日本にはこういう詐欺求人を取り締まるシステムが無い。企業も従業員も自己責任だからだ。

 90%以上の会社は大企業と公務員のために身を粉にして働かなければならない。こんな社会だからハッキリ言ってもう会社員に戻りたくない。

 無職になると全部の会社がブラック企業に見えてくる。

 本当にブラックなのは何だ。そうか、俺か。

 求職活動を証明するためにアルバイトを探す。時給900円以上のバイトは、実は一番コスパが悪い。

 ファーストフードや牛丼屋がいい例だ。常に動きっぱなしで、秒給換算すれば割に合わないのがすぐ分かる。

 できるだけ時給の低いバイトを探してなんとか一個応募した。履歴書を郵送してくれとメールが来たのでデータを探そうとするとパソコン画面が真っ白で動かない。ノートパソコンで作り直した。

 どうでバイトの履歴書だしと訳の分からない資格やバイトは外した。履歴書が返ってこなくても応募したと言えば失業保険が降りる。

 働いていても地獄、就職活動してもしんどい。何なんだこの人生は。