【2017年5月】Googleアドセンス審査に一発合格した話

スポンサーリンク

f:id:noregular:20170528211443j:plain

3月にブログを開設し、無事Googleアドセンスの審査に一発合格しました。

ネット上には数多くのGoogleアドセンス審査の攻略サイトがあります。参考になる情報もあれば、けっこうデタラメな情報もあります。書いている内容もマチマチで、一体どれが真実がなのかよく分からなくなります。

また、Googleから審査の合格基準が公表されておらず、審査に合格した僕でも「これが正解だ。」と言い切れないところがあります。

ですので、今回は僕がアドセンス審査で気を付けていた点や、審査に合格した時点のブログの状態などを書きたいと思います。

1.審査に合格するまでの流れ

2017/03/18 はてなブログProでブログを開設
2017/04/19 Googleアドセンス申し込み サイトURLに問題があり却下される(詳細は後述)
2017/04/20 新ドメイン取得 記事を全部移して再申し込み
2017/05/07 Googleアドセンスから審査合格メールが届く

申し込みから合格までかかった日数 17日

一次審査、二次審査というのはありませんでした。Googleから指定されるコードをブログに貼り付けて審査結果をジーッと待つだけです。

2.ウェブサイトのURLについて

アドセンス審査の攻略サイトにはほとんど書かれていないことなのですが、Googleアドセンスに申し込む際の重大な注意事項があります。申し込み画面に行くと、まずウェブサイトのURL入力画面が出てきます。

f:id:noregular:20170528144723j:plain

おそらく99%のサイトは引っかからないと思うのですが、URLに禁止ワードが入っているとアドセンスの申し込みができません

禁止ワードとは、卑猥な文字列や暴力的な文字列のことです。独自ドメインを取得する前に、そういう文字列が含まれていないか確認しておきましょう。

僕はURLに「kint●ma」が含まれていたので却下されました。ドメインを新しく取得して記事も移し替えるという、何とも無駄なことをしてしまったのです。

URLに問題があると以下のような画面になります

f:id:noregular:20170528145304j:plain

3.独自ドメインについて

2016年から無料ブログではアドセンス審査を受け付けてもらえなくなったようなので、有料でドメインを取得しました。

ドメインサービスでは「ムームードメイン」がお勧めです。設定が簡単です。「お名前.com」はなぜか上手くいきませんでした。

4.はてなProか? WordPressか?

独自ドメインを取得して有料ブログにする際、①と②のどちらにするか迷いました。

①はてなブログPro+独自ドメイン
②レンタルサーバー+Wordpress+独自ドメイン

初心者なら①、中級~上級者なら②がいいと思います。僕は初心者なので①にしました。

5.「審査用ブログ」について

アドセンスの攻略サイトには、よく「審査用のブログを用意する」と書いていますよね。どうして審査用ブログなんて面倒なモノを作るんだろう…と思いませんか?

Googleアドセンスでは、他人のアドセンスコードの盗用や悪用を防ぐため、このように個別でサイトの登録を行います。ここに登録されていないサイトには、アドセンスコードをいくら貼っても無効になります。

f:id:noregular:20170528185150j:plain

さて、裏を返すと、これに登録さえしていれば審査に合格してないサイトでもアドセンスコードを貼り付けられるのです。Googleも複数サイトにコードを貼るのが禁止とは言ってません。

複数のサイトにコードを貼り付けられるメリットは収益面だけでなく本命サイトを変えてもいいことにあります。

本命サイトのつもりで作ったサイトがアドセンス審査に通り、そのサイトを運営してる途中で「別のジャンルのサイトを作りたい…!」と思っても大丈夫です。

一回審査に通ってしまえば、ポリシーに違反しないサイトである限り自分のアドセンスコードを使えるのです。

結果的に審査用ブログになってしまった、ということですね。

まあ、「記事の量より記事の質」で勝負している専門サイトなら、最初から審査用にブログを作っているのかもしれません。

質の悪い記事を削ぎ落とし、1つの記事に大量の専門性な情報を詰め込んで勝負する場合、アドセンス審査においては「記事の数」「更新頻度」の点で不利になります。

6.記事の数について

攻略サイトには「アドセンス審査に合格するには記事が最低30本は必要だ」と書かれています。僕はそれを信じて毎日記事を1本更新しました。 審査に申し込んだときの記事数はちょうど30です。

7.1記事あたりの文字数について

審査に申し込んでからも更新は続けました。合格メールが来た日には記事数は51になっていて、サイト開設から合格までに書いた記事の文字数はこのようになっています。

  0~499字  8記事
 500~999字   20記事
1,000~1,499字 10記事
1,500~1,999字 9記事
2,000~2,499字 3記事
2,500~2,999字 0記事
3,000字以上    1記事

合格までに書いた記事の平均文字数 1,086字

攻略サイトに書いてある通り、1記事あたり1,000字程度は書いたほうが良いですね。

ただ、平均では1,000字を超えてますが、300字以下の記事も4つありました。文字数の少ない記事が混じっていても問題ないようです。

8.記事の内容について

Googleアドセンスが禁止しているコンテンツには、成人向けコンテンツ、暴力的なコンテンツ、集団を中傷するコンテンツなど全部で18点。武器および兵器や弾薬を販売するコンテンツ…なんていうのもあります。詳しくは下記リンクより確認ください。

AdSense プログラム ポリシー - AdSense ヘルプ

審査に合格するためにプログラムポリシーに反しない内容の記事を書き続けました。成人向けの言葉、過激な言葉、差別的な表現に当たりそうな言葉を使わないように気をつけました。

9.画像の貼り付けについて

画像については、自分で撮影した写真とフリー素材の画像以外は使いませんでした。アドセンスのプログラムポリシーにも厳しく書かれています。

著作権で保護されているコンテンツ
著作権法で保護されているコンテンツを含むページでは、AdSense サイト運営者様がそうしたコンテンツの表示に必要な法律上の権利を有していない限り、Google 広告を表示することはできません。これには、著作権で保護されているコンテンツを直接掲載しているページ、著作権で保護されたファイルを載せているページ、著作権で保護されたコンテンツを含むページへのリンクを掲載しているページが含まれます。
AdSenseプログラムポリシーより引用

漫画の切り抜きなどはポリシーに抵触する気がしたので載せていません。

10.アドセンス以外の広告について

「Googleアドセンスに申し込む時には広告を全部引っぺがせ!」みたいに書いてるサイトもいくつかありますが、他の広告を貼っていても審査に落ちたりしませんでした。 

ただし、アドセンスのプログラムポリシーで禁止されている配置は避けたほうがよいですね。

広告の配置
サイト運営者様には、広告のさまざまな配置や形式を検証することをおすすめします。ただし、AdSense コードをポップアップ上、メール内、ソフトウェアの内部など、不適切な場所で使用することはできません。また、使用するサービスのそれぞれのポリシーに従う必要があります。詳しくは、広告の配置に関するポリシーをご覧ください。
AdSenseプログラムポリシーより引用

11.ブログランキングのバナーについて

広告と同じように、ブログランキングのバナーも審査には関係なかったです。僕は「にほんブログ村」のバナーをヒッソリと貼ってましたが合格しました。

12.プログラムポリシーについて

「プログラムポリシーをトップページに載せないと落ちる」と書かれているサイトが多かったので、他の人のブログを参考にして作りました。お問い合わせフォームも作りました。一応参考にどうぞ。

プライバシーポリシー - 非正規ブログ

13.Google Analyticsについて

これはブログとは直接関係ないのですが、Googleアドセンスの初心者ガイドに解析ツール「Google Analytics」に関する記載があります。

Google アナリティクスをご利用ください。
Google アナリティクスをまだご利用でない場合は、ぜひ導入してサイトのトラフィックを詳細に把握し、最適化を図ることをおすすめします。トラフィックを正確に把握することは、サイトを最大限に活用するのに大いに役立ちます。アナリティクスの詳細については、公式サイトをご覧ください。また、アナリティクスの YouTube チャンネルで参考動画もご覧になれます。
AdSense ポリシー: 初心者向けガイドより引用

Google Analyticsへの登録はこちらから。

Google アナリティクス公式サイト - ウェブ解析とレポート機能 – Google アナリティクス

まとめ

Googleアドセンスのプログラムポリシーに目を通しておきましょう。特に禁止コンテンツの箇所はしっかりと読んで、サイトに違反がないかポリシーとすり合わせながらサイトを作ることが大事です。

僕が運良く一発で合格できたのもポリシーをよく読んだ結果だと思っています。審査結果が来るまで17日も掛かりましたが、地道に記事を書き続けました。結果は必ずついてきます。