非正規ブログ ~幸せになりたかった~

社会の負け組が綴る日常

社会に馴染めない人たちが起こす凶悪犯罪

スポンサーリンク

こんにちは、幸太です。

今月になって凶悪犯罪が連続で起こってますね。

6月は気候のせいで精神的にしんどくなるとは言いますが、理由はそれだけではないでしょう。

2018年6月9日 東海道新幹線殺傷事件

犯人「小島一朗(22)・無職

f:id:noregular:20180628120638j:plain

人物像「人付き合いが苦手

動機「むしゃくしゃしていた」

被害者「会社員(38)」

殺害方法「馬乗りになってナイフで滅多刺し」

2018年6月24日 福岡ブロガー刺殺事件

犯人「松本英光(42)・無職

f:id:noregular:20180628120704j:plain

人物像「友人も知人もいない」

動機「ネットトラブルでの恨み」

被害者「有名ブロガー(41)」

殺害方法「トイレの中でナイフで滅多刺し」

2018年6月26日 富山交番襲撃事件

犯人「島津慧大(21)・アルバイト

f:id:noregular:20180628120651j:plain

人物像「大人しい少年」

動機「?」

被害者「警部補(46)、警備員(68)」

殺害方法「刃物で刺す、拳銃で撃つ」

犯人に共通する点

まずは職業です。

社会に出て活躍するために最も大切なコミュニケーション能力

コミュニケーション能力は容姿と並んで人生を左右する大きな要素になっています。

人付き合いが上手くないと職場や学校に馴染めずドロップアウトするのは時間の問題です。

小島、松本両容疑者は無職で、島津容疑者はアルバイトでした。

そして島津容疑者は事件直前にアルバイト先の店長を殴ってます。

3人は社会に馴染めずに弾き出された者だったのです。

社会に馴染めないと人生終了

人間は社会的存在だーーーー

偉い人の言葉です。

人は社会の中で生きていかなければならず、常に誰かと関わりを持たなければ生きられません。

そのための必須ツール「コミュニケーション能力」が欠けていると、生きてるだけでしんどくなっていきます。

周りが楽しんでいるのに、自分は辛い。これでは精神的に参って追い詰められるのも当然でしょう。

特に自己責任社会の日本では、誰かに救いを求めることもできません。

「むしゃくしゃしていた」理由

いまや凶悪犯罪の代名詞ともいえるこの動機ですが、殺人鬼がむしゃくしゃしてる理由は単純で、自分が社会に認められてる実感がないからです。

自尊感情の低下はやがて自殺願望や殺人願望へと変化して取り返しのつかない事件へと発展してしまうのです。

おとなしい人ほど爆発すると凄い

普段怒らない人ほど爆発すると危ないとよく言われますね。

これは、そういう人たちは加減を知らないのが理由です。

おとなしい人が溜めているストレスは健常者の何倍、何十倍にもなります。

社会に馴染めないということは、健常者との関わりが苦痛という意味なので、ただ生きてるだけでストレスが溜まっていくのです。

社会に出ても地獄、社会から疎外されても地獄、おとなしい人は常に生きづらさを抱えています。

6月の「あの事件」に影響されたか

死者7名を出した大事件「秋葉原通り魔事件」も、同じ6月に起こりました。

f:id:noregular:20180628123558j:plain

加藤智大死刑囚

この秋葉原通り魔事件の加藤死刑囚が事件を起こした動機もネットでのトラブルだったようです。

また、派遣切りや職場での人間関係悪化が理由とも言われています。

こういった事件に触発され、事件は連鎖します。

怒りを溜め込んでいるおとなしい人が大爆発して、関係のない人が殺される。

不満を溜め込んだ人が凶悪犯罪を犯すとき、その犠牲者もまた不満を抱えているのだ。

格差社会や高齢化社会で押しつぶされる人たちが増えており、凶悪犯罪が終わりに向かうイメージができません。

おわりに

事件の報道を聞いて、社会的負け組に属している自分も他人事ではないと思いました。

おとなしい、目立たない、人気者でもない、幸せな家庭もない、、、。

環境次第では自分も殺人鬼になってしまうのではという恐怖が襲ってきます。

格差社会で底辺層が増えるほど、こういう事件が起こる可能性が高くなるのは目に見えてます。

日本の自己責任社会に見捨てられた難民が無差別殺人事件という形で社会へ復讐している。

高齢化問題で負け組を助ける余裕が日本にはない、また助ける気もない。

それは、犯罪者予備軍を野放しにしてるのと同じなんです。

一番不幸なのは犯罪に巻き込まれて命を落とす人。

貧困層の増加を止めなければ、凶悪犯罪も止まらないでしょう。