非正規ブログ ~幸せになりたかった~

非正規の人間が綴る日常

音楽を聴いている時だけが健常感を感じられる

スポンサーリンク

唯一の健常空間

友達も恋人もおらず、あらゆる経験が年齢に伴っていない非健常者。そんな人間を救ってくれたのは音楽だった。中学生でカセット・ウォークマンを手にすると、完全に自分の世界に入っていける音楽が好きになった。テスト勉強をするとき、センター試験を受けるとき、通学通勤をするとき。友達はいなかったけど、音楽はいつもそばにいてくれた。

楽器へのあこがれ

音楽を聴いているうちに、楽器にあこがれを持つようになった。カッコよく楽器を演奏している自分を何度も何度も想像した。しかしそこは根がどこまでも飽きっぽく多動にできている人間。ギター、ベース、キーボードに挑戦するもすべて挫折した。同時期に流行っていたミックスボイスにも興味を持ったが、キモ・ボイスしか出せない人間だったので当然失敗している。

ライブで感じる健常感

最初に行ったライブは大阪ドームでの『SPEED』のライブだった。同級生の親戚がチケットを複数買ったけど誰も行く人がいないとかそんな理由で連れて行ってもらった。メジャー曲ではない「ラブリー♥フレンドシップ」を熱唱していた記憶だけが残っている。

それから10年ほどはライブとは無縁の人生を送っていたが、働くようになって金銭的な自由を手に入れると、少しずつライブに行くようになる。ソロ歌手、バンド、アイドルのライブに足を運んだ。座ったり、踊ったり、光る棒を振り回したり・・・。

誰とも心を通わせられない自分が、会場にいる他のファンと同じように歌を聴き、そして感動する。紛れもなく自分は健常している。ライブではそう思えた。

Laughter in the Dark

ここからは感想です

先週、宇多田ヒカルさんのライブに行ってきました。ツアータイトルは「Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018」。ロシア出身の作家ウラジーミル・ナボコフの小説から取っており「絶望の中のユーモア」というような意味を持つようです。非健常者の自分にも笑いや希望があるのかな、宇多田さんも絶望を感じることがあるのかな。

同い年のスーパースター

宇多田さん(以下ヒッキー)は同い年のスーパースター。彼女と年が同じというだけで妙な親近感が湧いてきて『誇り高い』気持ちになります。皆さんにも、そういう人がいるのではないでしょうか。

自分と同じ年齢で初めて社会に名前を売ったのは凶悪犯罪者の「酒鬼薔薇聖斗」でした。酒鬼薔薇が『闇』なら、ヒッキーは『光』。若干16歳のヒッキーはまたたく間にスターとなり、社会現象になり、歌番組への出演が決まると周りが騒々しくなりました。もう20年近く前の話です。

ライブの感想

今回のライブはチケット抽選に「顔認証システム」を取り入れ、写真が承認されて初めて応募資格を得る、というものでした。抽選発表があり、ライブ一週間ほど前にデジタルチケットが発券されます。受付でチケットをもぎる必要もなく、空港でやってるような顔認証でハイ入場。すごかったです。東京オリンピックでも導入されるかもしれません。

f:id:noregular:20181201150405j:plain
Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018 デジタルチケット

セットリストは昔の曲から最新の曲まで全20曲。ヒッキーの天才ぶりを決定づけた「First Love」は特に感動しました。事前の情報で「ヒッキーのMCはグダグダだ」だと聞いていましたが、実際にライブに行くと彼女の偉ぶらず飾らない人柄にますます惹かれました。

ヒッキーの性格がそうだからなのか、来ているファンもどこか大人しめで、オラオラした感じの人は全然いませんでした。登録させた顔写真でそういう人を選んだのかな?と思ったほどです。写真と動画の撮影も許されており、みんなヒッキーの姿と歌声をスマホに収めようと頑張っていました。

ライブ終了後は幸せな気分で胸が満たされました。ヒッキーが話をするたびに会場の雰囲気が柔らかくなり、みんな満足した表情で帰っていました。光る棒を振り回して燃え尽きるタイプのライブとはまるで違っていました。

ライブに行って、音楽に触れている時だけが健常感を感じられる。そんな非健常者の話です。音楽で幸せになりたかった。