幸せの非正規ブログ

健常な社会に馴染めなかった人生

スマホを機種変更しました

スポンサーリンク

 2020年02月02日、34ヶ月使っていたスマートフォンを変えました。変えた理由はパフォーマンスの低下です。ゲームの動きが遅く、充電器にさしたままでゲームをするとバッテリーがなかなか回復しないなど、本体にも電池にも疲れが見えてきたため買いかえを決断しました。

 物を大切にするのはとても素晴らしいことですが、日々進化するスマートフォンに関しては新しいものに手を出すのも良いことだと思います。ユーザーがどんどん乗り換えるために間断なく開発が続けられているからです。

 機種変更の日は今日にすると決めていました。20、20、02、02、数字の並びがとても良い。こだわりが強いので何の意味も無いことにこだわってしまいます。自分の生まれた日が20日ということもあり、「2」と「0」は好きな数字です。

 さて、機種変更するにあたり、使い慣れたAndroidからiPhoneにすることも考えました。「スマホゲームをするならiPhoneがいい」と聞いたことがあったからです。スマートフォンの比較サイトでスペックや値段を見ていると、iPhoneがゲーム機としてAndroidより優れているのはもう過去の話だと書いているサイトが割と多く見つかりました。ゲーミング・スマホとしての性能が変わらないのなら、iPhoneを選ぶ理由が特にありません。Androidは10年も使っているし、iPhoneのほうが値段が5万近くも高いので・・・。

 iPhoneが候補から外れ、Androidから絞り込むことになりました。買いに行く前に携帯ショップへ行って使用感を確認しに行きました。土曜日に決めて日曜日の朝に買いに行き、その日のうちに移行作業を終わらせるという完璧な計画です。ボタンの位置、形状、大きさ、容量などを入念に調べて検討した結果、選んだのは「AQUOS zero2 SH-01M」(2020年1月30日発売)です。

f:id:noregular:20200202193543j:plain

 20200202日に買うスマホの名前がアクオス02とは、まさに運命的。こだわりの強い自閉症気質な特性を持つ私にとって十二分にテンションが上がる要素です。

 この AQUOS zero2 を選んだ理由は性能がスマホゲームに特化しているからです。世界最軽量の141g(手が疲れない)、圧倒的な処理速度(ストレスがたまらない)、連続プレイに適した放熱設計(プレイ中に熱くなると気になる)など、まさにスマホゲームをするために作られたハイスペック・モデルなのです。

 家に帰ってさっそくカスタマイズ。ゲームのデータを移行して、必要なアプリを入れて、フォルダを分けて、ニチャアと笑いながら作業する独身異常男性がそこにいた。

f:id:noregular:20200202200912j:plain

 この幸せ、スマホのホームやパソコンのデスクトップには基本的にあまり物を置きません。背景もだいたい単色の黒にしています。なぜそうしているのか自分でもわからないですが、たぶんそれが落ち着くからだと思います。

 さあ、今日からこのスマホでソシャゲをするぞ。古いスマホは家でネットの閲覧用に使います。今週はいい休日でした。おわり