幸せの非正規ブログ

健常な社会に馴染めなかった人生

令和2年 4月1週

スポンサーリンク

 今日は朝から引っ越しの荷物整理をしていた。転職で収入が激減したので今の家に住み続けることが難しくなったのである。家賃補助が毎月27,000円も出る公務員の待遇はやはり破格だった。でも精神がやられて続けられなくなったから仕方ない。

 部屋の壁に開いた穴を見ると思い出す。精神的に追い詰められすぎて自分で壁を蹴り破ったのだ。あのまま仕事を続けていたら本当におかしくなっていた。仕事をやめたことに後悔はしていない。給料が良くても精神が潰れてしまっては生きてる意味も失われてしまう。

 引っ越し先は団地。年齢を重ねるごとに生活レベルがどんどん下がっていく。周りの健常者は30歳を過ぎる頃には子供を産んで、家を買っているというのに、俺は・・・。何だったんだこの人生は。

 あまりにも健常者と同じように生きられないので、メンタルクリニックの診断を決意した。これまでは「俺は健常者だ、絶対に健常者なんだ」と強く信じながら生きてきたが、もう限界。健常者が当たり前のようにやっていることが何一つ出来ていないのだから。健常社会から遠ざかっていく現実に打ちのめされている。

 「障害者にはなりたくない」から、「障害者じゃないとこの人生が説明できない」と思うようになった。子供の頃から周りと感性が違って、ずっと一人ぼっちだった。おそらく自閉症スペクトラムなのだろう。詳しく検査をしてもらってこの38年間に決着をつけたい。

 引っ越しの話に戻る。物を捨てられない特性があるので、片付けをしていると古い物がザクザク出てくる。小学校時代の文集、中学生時代の塾のプリント、高校時代のテスト結果、そして大学時代の研究資料。大学の五年間は人生で一番無駄な期間だと思っていたけど、自分なりに頑張っていた結果を残しておきたかったのかな。捨てられずにダンボールの中に入っていた。昔の本や新聞、8mmCDなんかも出てくる。残すほどではないが捨てるほどでもない物ばかり。「今」が無いので「昔」を切り捨てられないのかもしれない。

 そういうわけで今週は睡眠時間がとても短い。特に水曜日は仕事中に倒れるかと思った。木曜日も尾を引いて体調は戻らなかった。

3月28日(土) 6:12
3月29日(日)10:19
3月30日(月) 5:54
3月31日(火) 4:09
4月01日(水) 4:10
4月02日(木) 5:30
4月03日(金) 5:27 

 引っ越しが終わるまでは頑張るしかないな。落ち着いたらメンタルクリニックに行こう。