Web Analytics Made Easy - StatCounter

幸せになりたかっ太の非正規ブログ

健常な社会に馴染めなかった人間のブログ

手取り11万、夢ならばどれほどよかったでしょう

スポンサーリンク

12月に入ってツイッターのフォロワーが300人以上増えた。「いいね」もよく入る。いいねが多いのはツイートにキレがある証拠。ツイートを見ている人の反応は正直だ。今おれは、ものすごく充実している。

しかし、ツイッターだけ充実しても意味がない。なぜなら手取りが11万円だから。ここ数日、ツイートに「手取り11万円」を押し込んできた。効果は抜群だった。「非正規」に代わるおれの新しい代名詞が生まれつつある。

今こそ畳み掛ける瞬間(とき)だ、パソコンを開いて非正規ブログの更新に入る。ブログの記事、書けないときは書けないが、書けるときは一瞬だ。芸術家の閃きに似ている。

新しい300人のフォロワーさん、手取り11万円に興味を持ってフォローしてくれたのは間違いない。共感なのか、同情なのか、哀れみなのか分からないが、大事なフォロワーさんだ。

手取り11万円。賞与ゼロ。これが夢ならどれほどよかっただろう。子供のころは結婚して、家を建て、家族を養って、出世して、クソデカ車を乗りまわすガッツのあるお父さんになれると思っていた。何の疑いも無く。なぜこんなことになってしまったのだろう。何ひとつ実現していない。

これから人生を逆転するのは不可能だし、健常者のレベルに追いつくのも難しい。ただ一つ言えるのは、もうホワイト企業に入るのは無理だということ。スーツを着ることもないだろう。

非正規ブログ、note、YouTubeなど、サラリーマンと違う方法で生きていけないものだろうかと、いつも考えている。それだけで食べていくなんて贅沢は言わない。月に数万もあったら十分だ。生活が変わる気がする。きっかけがほしい。

まだぼんやりとしか見えない。それでも一歩ずつ進んでいかなければいけない。幸せになりたかった人生のために。