Web Analytics Made Easy - StatCounter

幸せの非正規ブログ

健常な社会に馴染めなかった人間のブログ

ブログ、note、YouTube、副業に向いてるのはどれだろう

スポンサーリンク

手取り11万円。賞与ゼロ。貯金ゼロ。生きるだけで精一杯。屋外労働なのでいつ体を壊すかわからない。新型コロナで会社が倒れる可能性もある。

スキルなし。資格なし。経験なし。転職市場で価値のない38歳男性を雇ってくれる会社なんてどこにある?

このままだと人生は終了だ。労働以外の収入がほしい。ブログ、note、YouTube、どれが一番いいのだろう。それぞれについての考えを書いていこうと思う。

ブログ

2017年から始めたこの非正規ブログ、広告を入れていて記事がヒットすると数千円の収入がある。意外と大きい。記事が不発なら何もない。

ブログのアクセス数を増やすために、SEO(Google検索などでページの上の方に出るように記事を工夫すること)のサイトで勉強をしたりもしたけど、実際どうすればいいのか今でもよくわからない。

記事タイトルを長くする。見出しをつける。1記事2000文字以上にする。検索されているキーワードで記事を書く。あまり効果はなかった。

結果が出ないとブログを書く気力も削がれていく。最近は好きなように書いている。定期的な更新もしていない。

もともとこのブログを始めたきっかけは、とある雑記ブロガーさんの影響だった。「雑記ブログで大儲け」という夢のような話につられてブログを開設した。その人を参考に記事を書いたりもした。

が、そのブログもいつのまにか新しい商品・イベント・キャンペーンを紹介するPV(アクセス数)狙いの記事が増えてきて、営利目的のブログに変わってしまった。ほどなくしてブログは見なくなった。

非正規ブログはそういうふうにしたくない。非正規人間にしか書けないブログじゃないと面白くない。

note

Twitterで「noteをどうですか?」という意見を頂いている。それも割と多く。noteはアカウントも持ってるし、Twitterのアカウントが凍結されていた時はよく使っていた。副業としてnoteを使うことはあまり考えていなかった。

noteは記事を購入するためにユーザー登録が必要になる。ユーザー登録をせずに記事を購入する場合はクレジットカード情報を入力しなければいけない。自分としてはこの登録手続きの段階がやや面倒くさく感じられてしまう。

次に、読者の取り込みが難しい。Twitterのフォロワー数57,000というアルファツイッタラーがnoteも書いているのだが、noteのフォロワーはわずか500人程度。100分の1にも満たない。これを見て「ツイッターからnoteにファンを持っていくのは相当難しい」と思うようになった。

noteには、記事が良ければ編集部から「おすすめ記事」としてピックアップしてもらえるシステムがあるので、実際はフォロワー数はそこまで重要ではないのかもしれない。

だが、その記事の質というのが一番のネックになっている。noteは「経験とノウハウの売り場」と言われており、ピックアップされる記事は生活や仕事に関するノウハウ系のものが多い。生まれつきの不器用で小供の頃から損ばかりしている自分にとっては苦手なジャンルだ。

テニスサークルや成人式の話などのトラウマ系の記事はいくらか書けるかもしれないが、そんなのにお金を払う人がいるだろうか。うーむ。

YouTube

先月、YouTubeのチャンネルを開設した。

f:id:noregular:20201213093430p:plain

ヘルスの高木 - YouTube

まだ動画投稿はしていない。「何をするかはチャンネルを作ってから考える」とあぐらをかいて、一ヶ月以上放置した状態になっている。

チャンネルの開設直後は「こんな自己紹介をしよう」「こんなことを話そう」「見ている人にリクエストをきいてみよう」などと意気込んでいたが、肝心の発信方法が決まらない。

Twitterのアイコンを背にして話そうか。お面をつけて登場しようか。テロップを入れようか。と、考えてはいたものの、別のところで違和感を感じていて投稿には至らなかった。

そして最近、その違和感の正体がわかった。

f:id:noregular:20201213094127p:plain

アン●ャッシュ●部

このお笑い芸人のYouTubeチャンネル、多目的トイレの騒動が起こる前から「知名度の割に視聴率が悪い」と言われていた。

アンチが多いとかではなく、単純に視聴回数が少ないのだ。その原因を考えていたら、あることに気がついた。

f:id:noregular:20201213101535p:plain

他人のチャンネルを見て初めて気づく圧倒的な勘違い。おれがやろうとしていた「見ている人にリクエストをきいてみよう」と一緒じゃないか。

違和感の正体はそう、「自分が人気者であると勘違いしていた」ことだった。Twitterでチャンネル開設を報告して、コメントをもらって、登録者数が増えて、これはいけると思ってしまった。

配信者はチャンネル登録してくれた人に動画を見せる側の人間だ。配信者のほうから視聴者にお願いするなんて傲慢にも程がある。

そういうことをしてる人たちもいるけど、それは実力があるから成功しているわけであって、初心者がいきなりすることではない。

勇み足で進んでいたら危なかった。●部になるところだった。とはいえ一ヶ月以上も更新していないから、みんなヘルスチャンネルを忘れているかもしれない。ここにいるよ。

おわりに

ブログ、note、YouTubeについての所見を書いたけど、いまのところは1円、10円が確実に入ってくるブログを中心に進めたいと思っている。ただnoteとYouTubeの可能性も捨てたわけではないので、少しずつやっていく。体を壊さないうちに何とかしたい。