Web Analytics Made Easy - StatCounter

幸せになりたかっ太の非正規ブログ

健常な社会に馴染めなかった人間のブログ

発達障害検査を受けます

スポンサーリンク

健常者と感性が違いすぎて子供のときから損ばかりしてきた。周りと同じように行動できない。誰とも仲良くなれない。社会のルールに馴染めない。常に孤立しながら生きていた。

自分は普通のはずなんだ。努力が足りないだけなんだ。そう言い聞かせてここまで来たけど、もう限界です。

健常者の思考・行動・生き方を納得して受け入れることができなくて、いつも取り残されていた。健常者が自然とやっていることがどうしてもできない。あまのじゃくを気取っているわけではない。感性が違うのだ。

最近の話だと、新型コロナウイルスのワクチン接種。大多数の人が当たり前にワクチン接種していることが理解できない。なぜみんな「自分はワクチンで死なない側の人間だ」と思うのだろうか。ポジティブに考えられるのだろうか。

臆病者だと言えばそれまでかもしれない。なら、臆病になっている原因が知りたい。ここまで健常者と感性が違う自分は障害者ではないのかと苦しみながら生きることに疲れてしまった。

発達障害の検査は、MSPA(Multi-dimensional Scale for PDD and ADHD:エムスパ)を受けようと思っている。

MSPAとは、京都大学の船曳康子先生が考案した、発達障害特性の程度と要支援度の評価尺度であり、発達障害の特性について

「コミュニケーション」
「集団適応力」
「共感性」
「こだわり」
「感覚」
「反復運動」
「粗大運動」
「微細協調運動」
「不注意」
「多動性」
「衝動性」
「睡眠リズム」
「学習」
「言語発達歴」

の14項目から多面的に評価する。その結果を下図の特性チャートにまとめ、発達障害の特性や支援が必要なポイントを視覚的にとらえられるようになっている。

f:id:noregular:20210716222657j:plain

MSPAの特性チャート(京都大学のページより引用)

レーダーチャートの赤線内(2.5以下)に収まっていれば支援の必要はなし。赤線を飛び越えていれば、支援が必要な特性だと判断される。

飛び越えている部分が

右上の場合、自閉症スペクトラム(ASD)
右下の場合、発達性協調運動障害(DCD)
左下の場合、注意欠陥多動性障害(ADHD)
左上の場合、限局性学習障害(LD)

である傾向が強い。

子供だけでなく成人にも対応しているらしい。まだ詳しくは聞いてない。

自分はこだわりが相当にきついので、医者と問答して「あなたは○○障害です」と言われても納得はできない。しかし実際に数値で結果が出れば納得せざるを得ない。そういう理由でMSPAを選んだ。

来週、病院に行って検査の事前面談をする。そこから予約を取ることになるので、検査するのは8月、結果が出るのは9月頃になるだろう。

前日や当日に休みを取れるホワイト企業に勤めていたならこんな手間を取ることもなかった。それ以前に検査を受ける必要もなかった。この人生、何から何まで上手くいかないな。

診断の結果、発達障害であってほしい。

これだけ苦しい人生を送ってきたのにただの健常者だと言われたらどうしようもない。障害者でなかったら本当に詰みだ。

誤解されないように付け加えると、障害者になりたいと言っているわけではない。自分の特性を知り、自分が何者で、どんな支援が必要なのかをはっきり理解するために発達障害の検査を受けることにした。

正直つらい。こんな人生になるなんて。